株式会社スペースが
どんな会社かまず確かめてください。

スペースは、オーナー様やご入居者様にご満足いただくため、業務品質の継続的な向上をめざす企業です。

時代の変化とともに、お客様の価値観や不動産業界に対する期待も変化しています。
私たちは現状に満足することなく、業務品質を向上し続けます。

不動産の資産価値向上が、私たちのミッションです。

住宅供給過多の時代にあって、皆様からお預かりしているご資産がいつまでも価値を保ち続けるよう、私たちは常にご資産の価値向上のために行動し、ご提案いたします。

不動産の総合コンサルティング企業です。

株式会社スペースは、前身である山一不動産の時代を含めるとまもなく100年となる歴史の中で、不動産に関するあらゆる経験と実績を積み重ねてまいりました。賃貸管理から売買仲介、相続のご相談まで、不動産の総合コンサルティング企業として、皆様に寄り添い、成長し続けます。

代表者あいさつ

2022年(壬寅)年頭所感

~新年明けましておめでとうございます~
 旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
さて、一昨年から続くコロナ禍が、世界的な「価値観の転換」を示唆することになりました。そして現在、コロナ禍前の価値観からwithコロナへの転換が求められています。弊社においては、オーナー様との共同事業である「賃貸事業」を、どんな事態が起ころうとも、滞ることなく「事業継続」することこそ、責務と捉えております。今後、新たなパンデミックや東京直下型地震などが起こった際にも「事業継続」するための、この間の取り組みと、これからの取り組みを以下にお示しいたします。

<導入済>
① 家主様web送金明細
② 社内書類電子化システム「大塚商会・eValue」
③ 不動産業者による物件確認・内見予約自動システム「イタンジ」
④ リモートワークPC操作システム「Team Viewer」
⑤ 遠隔会議システム「Zoom」
⑥ 社内情報共有化システム「Line Works」
⑦ 勤怠管理システム「勤次郎」(ペーパレス管理)

<導入予定>
⑧ デジタル社会形成整備法に基づく「不動産・電子契約」
⑨ クラウド環境インフラの整備「Office365」
⑩ 双方向コミュニケーションツール「オーナー様アプリ」
⑪ 双方向コミュニケーションツール「入居者様アプリ」
⑫ その他関連事項各種業務自動化システム「RPA」

現在の状況を、働き方改革の絶好の機会と捉え、社内スタッフにIT専門家を迎え、各種外部専門企業とのシステム構築を順次取り組んでおります。
概ねこれからの2年間で、どんな事態が起ころうが「オーナー様との共同事業」が、滞らず「事業継続」が行われる会社づくりの再構築に邁進してまいります。
何卒、弊社の取り組みにご理解とご期待を頂きますようお願い申し上げます。

 今年もまだまだコロナ禍のリスクが我々の生活を脅かすことと思われますが、この難局を乗り越えるべく、未来志向の英知を結集して参ります。オーナー様と語らい、オーナー様の悩みを聴き、オーナー様と共に。
皆様のご健康とご家族の皆様のお幸せを衷心より祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

株式会社スペース 取締役社長
高山 義章