マンション管理事例リフォーム・リノベーション

ごみ部屋入居者の退去

ごみ部屋入居者の退去

オーナー様のご要望

前管理会社時から10年近くお住まいの1階ごみ部屋の数ヶ月後に控えている更新をしたくないとの相談。
玄関外側周辺にも絶えずビニール袋やコンビニの弁当容器や硬貨など散乱している状態。
他部屋への募集にも影響が出る可能性や退去後の室内状況及び修繕費用について大変心配されており 片づけられないのであれば退去させてほしいとの相談があった。

物件種別 1棟アパート
エリア 東京都杉並区
間取り 1R
築年数 約42年

スペースのご提案

賃料の滞納はなく、更新時期が近々に迫っていたため
更新拒絶の通知や突然の6ヶ月前の解約予告だと心証を悪くされ、退去にあたり立ち退き費用等求められる可能性があるため、2年後の更新を行わない旨で交渉をすることにした。

入居者には、現在の住まいの状況から家主が健康面を心配しているという点と他室への影響もある旨お伝えし、なんとか室内の整理、清掃を行っていただけないかと数回にわたりお願い及び一人で難しい場合は協力させていただくことも提案した。

その中で今の状態では2年後に更新契約は受けられないという話を徐々に行い、期日を設け清掃を行う旨の約束、当社担当の立ち入り点検の約束を特約に明記し、更新契約を締結した。玄関周りの清掃は定期的に行くようにし、外側だけでも悪い印象を最小限に抑えるようにした。結果的には期日までに約束は守られず、本人も次回は更新できないという認識になっていたためスムーズに退去していただくことができた。

実施後のオーナー様の感想

長年気を揉んでいたことがトラブルや余計な出費なしに解消できたことに大変喜んでいただきました。