スペース倶楽部

スペース倶楽部vol.81(2013/01)

今月は「結露対策」についてご案内致します。

スペース倶楽部vol.81

★★★結露対策★★★

結露はカビやダニの発生原因になり、住まいの耐久性を損なうことにつながります。寒い冬は結露対策をしっかりとして、大切な住まいを守りましょう。

◎結露とは?

結露の正体は、空気中に含まれた水蒸気

暖かい空気は水蒸気を多く含むことができますが、冷たい空気は少ししか含むことができません。そのため、暖かい空気が冷たい窓や壁に触れて冷やされると、含みきれなくなった水蒸気が水滴となって現れます。これが結露の正体です。

室温が低いほど、結露が発生しやすい

空気が結露を始める温度を露点といい、湿度が高いほど、また温度が低いほど結露が発生しやすくなります。ただし、湿度が低すぎると風邪をひきやすくなるので、冬場は、室温18℃~20℃、湿度40%~50%を目安にしましょう。

◎結露を防ぐには?

対策(1)水蒸気の発生量を減らす

結露の原因となる水蒸気は、加湿器や洗濯物、人の息の他、水槽や観葉植物からも発生します。洗濯物の室内干しをする場合は、除湿機を併用するなど水蒸気を取り除く工夫をしましょう。また、暖房器具では、石油ファンヒーターやガスストーブは燃焼中に水蒸気が発生しやすく、エアコンや床暖房、電気カーペットなどは水蒸気が発生しません。

対策(2)換気を十分に行う

水蒸気が発生したら、すみやかに家の外に出すこと。調理中や入浴の際は、換気扇を回すようにしましょう。暖房中も長期間閉め切らず、窓やドアを開けて空気の入れ換えを。また、24時間換気は常時作動させましょう。

対策(3)室温を適度に保つ

結露を防止するには、室温が下がり過ぎないようにすること。とくに寝室では、睡眠中一晩で一人あたり200ccもの水蒸気が発生するため、外気温度が低下する明け方に結露が発生しやすくなります。エアコンで室内を暖めておくなどの工夫をしましょう。

対策(4)通気をよくする

使っていない部屋でも定期的に窓を開け、換気を行いましょう。押し入れの収納物は、壁から離して入れるようにし、ふすまをときどき開け放して風を通します。家具も壁から2cm程度離して置き、通気を良くしておきましょう。

今年も残りわずかになりましたが、来年のオーナー様とご家族様のご健勝とご多幸を社員一同、お祈り申し上げますとともに、来年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

pagetop