Topix

社長の言葉 2018/10-2018/12

毎週行われている朝礼での「社長の言葉」をご紹介

2018年12月25日(月)
1、平成という時代は…
平成最後というキーワードが世の中に飛び交っている中、今日は、当社の平成最後の年末の全体朝礼です。
来年の5月1日が、今上天皇の譲位並びに改元となります。
先日も「30年を振り返り、平成の間に戦争はなかった」と陛下が話されています。

日本の歴史では、元寇や秀吉の朝鮮出兵から考えると200年から400年間、海外と戦争をしていたことになります。
その後、明治には日清や日露、大正には第一次世界大戦、そして昭和では第二次世界大戦から太平洋戦争へと続く他国との戦争が引き続いていた歴史があり、言い換えれば、戦争の歴史が日本の歴史とも言えます。
平成の30年では日本が巻き込まれる戦争はなく、ある意味、平和だったことが特色と言えるでしょう。

2、歴史から学ぶということは…
昭和から平成に改元した時は、昭和天皇の崩御によってであり、昭和63年から昭和64年、そして平成元年の変化は誰も予想していなかったことです。
1月8日に改元されましたが、63年には昭和が終わるとは誰も思っても見なかった状況でした。
浮かれていた昭和を改めて見つめてみると、この時期、私がサラリーマンを辞めたのも昭和63年ですが、世の中の動きは、これからも右上がりの景気が継続すると皆が信じて浮かれていた時代でした。
30年前を振り返ると歴史から学ぶことが多いと言えます。
あの時の浮かれていたことは、どのようなことだったのかということが過去のことだからこそ、今においては冷静に判断できるのです。

3、「プラザ合意」から「バブル崩壊」へ
1985年にNYのPlaza Hotelで「プラザ合意」が行われました。
日本の円安がアメリカの貿易赤字の元凶で、アメリカ経済に大きな影響を与えていた状況でした。
円が360円から150円に変化していく中で、その先のバブル時代が来る事も今となっては予想される事だったかもしれません。
しかし、円の強さを下げるために、円安に舵を切った時には、プラザ合意からバブルの崩壊への予兆やシナリオが見えたはずだが、世の中の論調、マスコミの論調は同一方向に向いてしまい、バブルのようなことが起こることは全く語られなかったことです。
昭和の終りのバブル時の価値観は、「みんなで渡れば怖くない、みんなで投資をすれば怖くない」と言った安心感の共有が蔓延し、失敗はないという価値観でした。
昭和の終わりの経済の破綻や先週お話しした「リーマンショック」を経験しながら、平成は失われた10年とも20年ともいわれある意味「混沌とした時代」だったかもしれないです。

4、改元の意味とは…
元号の存在は日本の特色であり、文化や価値観でもあります。
改元は歴史の節目であるとも言えます。
日本は立憲君主制であり、天皇を担ぎ、議会制民主主義の国家である故に、今回直面する改元は、時代を考える節目であると言えるでしょう。
自分や家庭環境、国が置かれている立場はどのようなものなのかと考える大切な時と言えます。

5、時代の節目に立つということは…
価値観や生活スタイルを考えるいい機会でしょう。
年を取ると冷静に振り返ることができると言えます。
皆さんが成長していく中で、平成が終わる節目に立っている意味を考えてください。
歴史の変換点、節目に立つという時代認識の中で、自分たちの存在価値を考える「いい節目」です。
自分の生き方を改めて考える時になれば、と考えます。

6、そして最後に…
今年も残り一週間足らずですが、残りの時間は、「立つ鳥跡を濁さず」という気持ちで、平成の納めの対応を行って下さい。
業務上の細心の注意を払いながら、平成最後のまとめをきちんと納めて下さい。
宜しくお願いします。

2018年12月17日(月)
10年前にリーマンショックが起こりました。
その3か月前にセントラルパークの競争入札があり、東京建物が1400億円で落札しました。当初は駅前マンション計画でしたが、リーマンショックで価値が400億円下がってしまったため、長期的に資金回収する方針でオフィス計画事業へ切り替えました。中野にとっては、大企業の移転による経済効果か期待できたので良かったのかもしれません。

現在の不動産マーケットは価格と金融機関の貸出が以前のバブルを上回っています。そのリスクある状況から、金融機関は厳しい融資基準を設け、自己資金を増やすことを求めていますが、投資家は自己資金が手当てできず、取引が出来ない状況も出始めています。

建築費は2020東京オリンピック後は下がると言われていましたが、全国でインフラの整備が2025年まで続くと予想されているので、建築費の高価格は続くようです。融資された借金漬けの不動産マーケットは歴史を繰り返し、過去のように大きな変化が起こるでしょう。

物件担当者の皆さんは担当物件の資産価値に興味を持ってください。現在の価値はどのくらいか。価値が今後どのようになるのか、将来の変化に対応して行くため、担当者として変化に注目してください。

2018年12月10日(月)
寒さも厳しくなったので体調に管理に気を付けましょう。
インフルエンザのワクチンも不足しているので、
事前に早め早めの対応を考えて下さい。
宅建について、当社は営業が全員宅建を取得する事を奨励しています。
今回は宅建取得につき安達さんと内藤さんの支援をしてもらったので、内藤さんから一言お願いします。

【内藤さんのコメント】
受験者には仕事が忙しい中、前もって予定を組むように伝え、3月・4月から勉強を始めるように依頼しましたが、6月・7月から勉強を始めた人も居たと思う。
合格の為には自分に厳しく自己管理を行って欲しい。

宅建もそうだが、期日のある仕事は着手日を決め、
着手日をコントロールすることが大事です。
着手日を明確にし、意識して、仕事のクオリティを高めて欲しい。

2018年11月12日(月)
23期が始まりました。年初なので総務的な話をします。
三浦さんから回った年末調整の提出期日を過ぎてしまった人がいる。会社で回る期日付の書類等が遅れるということは、仲間の仕事を遅らせてしまっているということです。仲間の仕事には協力しなければいけません。
つまりは社内の基本的なルールは遵守する、ということです。
ルーチンワークの中にも変えないといけないことはあって、
・人事評価シートの運用・手順
・直行直帰の事前届

ということの見直し・ルール化を今やっています。
今度のリーダー会議ではチームリーダーの役割から見直してルール化します。
また皆さんにご報告致します。
2018年11月5日(月)
先週の11月1日、4時間にわたる経営計画発表会はご苦労様でした。
発表会の時に、功労賞として表彰対象にありながら手渡しできなかった、保険担当のYさんに賞を差し上げます。事務方として、頑張っていただきました。おめでとうございます。

今期の目玉として、業務改善を進めていくための会議体を創設しましたので、ご紹介します。
月に一回、経営計画メンバーと各チームリーダーを対象とした社内の組織体でもあります。この議長を、営業本部副本部長の西村さんに委嘱しました。彼は社内の年齢構成でも中心からやや若手に属する位置です。
この一年間改善の責任者として頑張って貰いますが、社員の方は、各リーダーを経由して、改善のための要望事項をあげて貰いたいと思います。
成果を出していきましょう!

2018年10月22日(月)
先日、宅健試験が行われ、当社内では6名が受講しました。
速報では、2名の社員がボーダーラインを超えているが、残念だった人は悔しさをバネに来年改めてチャレンジして欲しい。物事は何事もスタートが大切であり、来年の試験に向かって既にスタートしているので、是非頑張ってほしい。

スマードデイズが運営しているシェアハウス事業の『かぼちゃの馬車』の運営が苦戦しており、このままだと全面的な融資を行っているスルガ銀行不良債権を抱える事となり、今後についての対応を検討しています。
また、当社にも相談が来ている案件であり、三井不動産に内容の精査を依頼しているが、昨今の賃貸事業では一棟貸し以外の経営は大変であるのが現状とも言える。

中小企業を含めて人材が不足している為、中野の知り合いの企業は外人雇用を増やしている事から、外人従業員の住むお部屋探しの相談も多く、社宅として一棟丸ごと借り入れるケースやニーズも増えてきています。
こういった需要をカバーできるのは中野区や杉並区といったエリアになると思うので、今後として相談案件が更に増える様であれば、当社としても検討したいと考えています。

過去履歴


2019年|01月-03月04月-06月|07月-09月|10月-12月|
2018年|01月-03月04月-06月07月-09月10月-12月
2017年|01月-03月04月-06月07月-09月10月-12月
2016年|01月-03月04月-06月07月-09月10月-12月

pagetop