お知らせ

社長の言葉 2017/04-2017/06

毎週行われている朝礼での「社長の言葉」をご紹介

2017年06月26日(月)
これから梅雨に入り、気温の変化も大きな時期になりますので体調には十分気をつけて下さい。

日本には言霊があり、皆さんも言葉をプラスに変えていきましょう。

例えば、「あたりめ」と「するめ」ですが、「するめ」の「する」は損をするという意味にもとれます。そこで、「する」の反対である「あたり」に表現を変えたという説があります。

日々、皆さんが行っている「仕事」についても「商い(あきない)」という表現があります。こちらについても「飽きる」の反対である「飽きない」を意味する説があります。

不良債権を抱えていた時期は、毎月1回の定期報告を15行の債権者様に10年継続しました。債権者様の中には罪悪人扱いする方もいらっしゃいましたが、定期報告を継続することで対応が穏やかになっていくことを経験しました。正確な情報をタイムリーに報告することが大切であり、現状より状況を悪くすることは絶対に行ってはいけません。相手に対しては尊敬、感謝の気持ちを大切にして、間違っても相手のせいにしてはいけません。

菊地さんは、毎日15,000歩を目標に前向きな気持ちで仕事に取り組んでいます。
皆さんも仕事の原点、原則に立ち返り前向きな気持ちで日々の仕事に取り組んでください。

飽きないで日々継続するとはどういうことなのか?
皆さんも考えてみて下さい。

2017年06月19日(月)
当社の喫煙に関して、就業時間中の喫煙を11月から禁止とします。
(11月までは移行措置として就業規則上の休憩時間のみ喫煙可能とする)
理由 ①健康 ②受動喫煙による周囲への影響

特に②の受動喫煙に関しては、その副流煙により自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうだけでなく、服や髪の毛にしみついた臭いまでも周囲に影響を与えることを認識する必要があります。

今後、喫煙に対する見方がより厳しくなっていく世の中で、社内でも吸わない人達のことを考え、公の責任を示して果たしていくことも大切だと考えます。

この機会にタバコの健康被害について考えて頂き、タバコによる家族への影響がどんなものがあるかなど、今後の成長と捉えて、皆さんのご理解とご協力をお願い致します。

2017年06月05日(月)
最近のTVでは、司法書士や弁護士のCMが増えています。弁護士の業務が少なくなってきているので、過払金回収の報酬や残業代未払い請求等の今までと違った仕事がフィールドになってきており、少し前では考えられない事でもあります。
当社業界に関係する相続においては、一般的に資産(現金)、不動産、有価証券の3つが対象になるが、有価証券においては5年間所有者が確定できないと消滅してしまうため、相続時の相談事の1つであり、今後の新しい弁護士の仕事になるとも言われています。昨今では、弁護士のメインの仕事である法廷以外の案件も増えており、新しいフィールドの仕事が存在してきています。
競争している市場=『レッドオーシャン』、未開拓の市場=『ブルーオーシャン』と言われているが、スペースの仕事においても物事を広く捉える必要性があり、今までとは違った視点をもって、新しい市場・新しいマーケットを開拓していく必要があります。

2017年05月22日(月)
本題のテーマ;凡事徹底について
当たり前のことを日々続けることで、自分の能力を少しづつ高めていく意識をもつこと。
実例では、この語句は、毎日10分間寝る前に素振りを行った大リーガーのイチローのモットーでもあります。
簡単なことを毎日、365日続けることの大切を説いています。松下幸之助も凡事徹底の大切さを言っています。具体的に大事なのは、「挨拶、整理整頓、掃除」を指摘しています。

スペースでの朝礼等は、ある意味、精神力、自分への気づきの根源になっています。スペースで行っている「毎日の朝礼」の取り扱いは、まさに凡事徹底であり、ことに発声練習の重要性を再認識して欲しいです。顔の表情や口の開け方、声の出し方についても発声練習の際、自分のレベルを高めようとしている人と仕方なく、周りに合わせて、惰性で発声練習をするのでは、成長に雲泥の差が出ます。

先日ある講演を行った時、私の話し方の声の通りがよく、アナウンサーのように聴きやすく、内容も分かりやすいものであったと指摘されました。4月は、人事異動の季節で金融機関の初対面の方も多い中、ある種の特徴的なことで人とのつながりのご縁になっていった事例です。こうした自己啓発的な取組み方の気持ちや姿勢は、往々にして内面の自分が邪魔する傾向にあるため、前に進もうとする姿勢を着実に堅持する必要があります。それは決して「邪悪な心の満足だけでは、生きる幸せにならない」からです。

幸せになるには、正しいスタンス、正しい気持ちで自己を高めていく小さな努力や姿勢が重要です。これが、まさに「凡事徹底」。毎日同じことだが、それを自分なりにどのように高めていくか、いつか自分の身になっていくことを目指して、先ずは、小さなことをコツコツと積み上げて、徹底的やってみた結果、日本一のレベルにつながっていくことの可能性があるかもしれません。それは、自分にとっての自信につながるだろうし、人格がひと周りもふた回り大きくなっていきます。その実現こそが、生きる悦びにつながるでしょう。

毎日の朝礼では、自分のスタンスを少し前に向けて自分の心と向き合ってみることで、自分自身の成長と心への栄養供給に繋がっていくことになります。また、明日から小さなことの積み重ねを、日々続けていきましょう。

2017年05月08日(月)
5月1日の上期総括と方針でも伝えましたが、もう一度伝えます。「下期は全社的にオーナー様訪問に力を入れてください。」お会いすることが、大切なことです。
カスタマーサポートは1課2課を統合し、西村部長代理がトップになり、10数名の最大組織をまとめます。今後の手腕発揮に期待します。特に、再募集提案書と募集報告書の提案率をアップさせることは必須です。

またリーダー以上は、家族信託の知識を身に着けてもらいます。財産の信託と受益方針を家族で決めることは、事業のリスクを排除して健全にもって行くことです。成年後見制度は、意思能力がない場合、裁判所の選任を受けた人が現状を維持するためのものですが、当社が携わる業務を展開して行く方法としては不十分です。そのため、順次研修を受け、コーディネーターになってもらいます。

5月27日セミナーは管理オーナー様へ事前アンケートを行いました。お困りのテーマ別に専門家と当社スタッフが個別にオーナー様と向き合い、オーナー様の持つ問題を解決するという初めてのセミナーを開催します。
当社の大切な管理オーナー様です。段取り八分、全社員でしっかりと準備を行い、全社員でおもてなし、成功させ、業界の中でも一歩先に出たいと思います。

2017年05月01日(月)
今日から下期がスタートします。本日夕方に上期総括と下期に向けての会議を行うが会議の時間を16時開始から15時50分開始に変更します。
2017年春のセールスコンテストの表彰を行います。スペースからは9人表彰されました。その中でも的場さんは東京地区賃貸部門で第2位の成績でした。

2017年04月17日(月)
先週金曜日に個人情報(プライバシーマーク)の研修を実施しました。当日欠席した社員は後日補習を実施します。
個人情報の漏洩は一時が万事、全員が周知徹底のうえ受講するようにして下さい。
大手以外の中小企業はPマークの取得はごくわずかで、中小企業の潜在的な事故は多いと思われています。例:ウイルス→情報の外部流出など。
巧妙化(もっともらしい)されていて決して無くならないでしょう。怪しいメールは個人の権限で削除し、開ける場合は総務に相談するようにして下さい。個人で勝手に開封しないよう注意下さい。
総務は全社的な対応、各セクションはセクションとしての行動方針を策定して下さい。5/1の発表会で発表すること。社員全員が高いスキルでよどみ無く対応できるようにして下さい。

2017年04月03日(月)
社長不在の為、暮地本部長と吉村部長のお話です。
△暮地本部長
4月を迎え、新入社員が各企業に入社しました。私が新入社員だった頃は、何も分からず一つ一つを質問し確認していました。新人の頃と同じく、わからないことは人に聞きましょう。
繁忙期はもう終わり、通常期に入ったようです。繁忙期が終わったので、自らが仕事を作る動きをしましょう。
△吉村部長
例年よりも桜の開花が遅く、週末の桜まつりにも間に合いそうです。
4月で上半期が終わります。業務内容が同じでも、同じようにやるのではなく切り口を変えてみたりしましょう。

過去履歴


2017年|01月-03月04月-06月07月-09月|10月-12月|
2016年|01月-03月04月-06月07月-09月10月-12月
2015年|01月-03月04月-06月07月-09月10月-12月
2014年|01月-03月04月-06月07月-09月10月-12月

pagetop