Topix

民事・家族信託コンサルティング-認知症になる前に対策を-

スペースでは、認知症になる前の対策のひとつとして、「民事・家族信託」をお奨めしています。

日本の平均寿命は男女平均しても80歳を超えました。
高齢が進むにつれ意思判断能力を喪失してしまうケースが増えています。
その原因のひとつが「認知症」です。
高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備軍とされています。

「認知症」と診断されてしまうと、契約の締結・相続の承認、放棄・現金の引出等の法律行為が制限されてしまいます。
そうなる前に是非対策を!下記ページで詳しくご案内しています。

スペースの民事・家族信託コンサルティング

pagetop