Topix

『壁』を突破せよ「究極の賃料固定費圧縮プロジェクト」

20 周年記念連載シリーズ「『壁』を突破せよ」
私どもが、皆さまのどんな場面でお役に立てるのかを、ライターの金丸信丈が取材、執筆するドキュメンタリーシリーズ。
第2弾は、社員の働き方を改革し、賃料固定費の圧縮を実現した吉村の物語。ぜひご一読下さい。

【第2弾】究極の賃料固定費圧縮プロジェクト
~オフィスの見えない「壁」を突破し、社員数はそのままで事務所スペース半減を達成~
https://space-rent.co.jp/kabe4

賃料に対してより効率の良いオフィス利用をお考えのお客様に、不動産会社だからできるアドバイスがあります。

「問題は、『オフィスレイアウト』ではなく、『ビジネスレイアウト』。オフィスを半分にするということは、普段つかっている書類やフォルダを入れるキャビネットのスペースや書類を書くデスク、そういったものの空間を半分にしていく作業。そこで働く者にとっては、自分の体を半分にすることと同じことです。それを『はい、そうですか』と受け入れることはむずかしい」

「私は今、この会社の人間ですが、フリースペースに取り組んだときは外堀にいて、必要なときに来て話をする立場でした。もし、内部にいる立場であれば内情が十分にわかってしまうから、例外を許してしまうことがあったかもしれません。どの会社にも土着的なルールみたいなのものはあるわけで、第三者的立場だったために、それに切り込めたのでしょう」

pagetop