社長メッセージ2020

会社案内画像

★★★2020年(庚子)年頭所感★★★

~新年明けましておめでとうございます~
皆様におかれましては、令和初の新年を希望をもってお迎えのこととお慶び申し上げます。
本年「庚子」が表す意味は、新たな芽吹きと繁栄の始まりであり、新しいことを始めると上手くいく、大吉であると指し示しています。 令和のスタートが未来の日本・世界の有り様を形づくる重要な年に位置付けられると私は確信します。

新年1月7日、日経新聞の朝刊に、出版社の宝島社が掲載した意見広告が話題となりました。 『次のジョブスも次のケネディも次のアインシュタインも、きっと、女。』
2020年を象徴する広告だと思います。この企業広告のテーマは「女性」
「女性活躍推進法」が施行されて、はや5年。女性が“輝く”社会は実現されたでしょうか。 そもそも女性が輝かない社会に未来はあるのでしょうか。新しい時代になって初めてのお正月。 ジョブスやケネディなど偉業を成し遂げた人物の名前をあげることで、「女性たちは希望だ」と宣言しているかのようです。 女性こそが希望であることを改めて宣言し、分かち合いその上で、すべての女性が自分らしく生きられるように何をするべきか、考えてゆくのだと主張しています。
また、アメリカのバラク・オバマ元大統領は『女性たちに知ってほしいのは、これは疑いの余地なく言えることが、女性は男性よりも優秀だ。そしてこれには本当に自信があるが、2年間地球上すべての国が女性によって運営されたとする。すべての人は、すべての物事で驚異的な改善を目にすることになる。生活水準や、成果で。』と言い切っています。まさに現在の地球上のあらゆる問題は、年配の男性の仕業であると断罪しています。社会現象化している「謝罪会見」もしかり。男たちは自戒し、自己の存在を客観的に見直し、道徳心に基づく生き方に回帰しなければなりません。

令和の時代は、新しい価値観のもと未来を見据えた社会の実現に逞しく取り組む多様な人々の存在こそが光になるといえます。
結びに、本年が皆様にとりましてかげがえのない年になります事を、衷心より祈念申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。

2020年1月
株式会社スペース 取締役社長
 高山義章


過去履歴


社長メッセージ2019社長メッセージ2018社長メッセージ2017社長メッセージ2016
社長メッセージ2015社長メッセージ2014社長メッセージ2013社長メッセージ2012社長メッセージ2011
社長メッセージ2010社長メッセージ2009社長メッセージ2008社長メッセージ2007社長メッセージ2006
pagetop